「挨拶」〜仏教からきた言葉〜

仏教からきた言葉

葬儀司会21年 葬祭ディレクター1級 つたえびと みっこです。

現在、使われている言葉の中には、仏教からきた言葉があります。

今日は、「挨拶」について書いていきましょう。

「挨拶」

「こんにちは」「さようなら」

と人に会った時などにいう言葉を挨拶といいますね。

この”挨拶”も仏教からきた言葉です。

中国の仏教書であり、禅宗の語録である碧巌録(へきがんろく)に

一挨一拶、其の深浅を見んと要す

碧厳録より

と記されています。

これは、禅問答をすることによって,相手の悟りの深さをはかることを意味しています。

挨・・・「押す」「推し量る」「近く」

拶・・・「迫る」「切り込む」

という意味があり、挨拶は「師匠が弟子の悟りを推し量る事」とされています。

禅宗では、師が弟子の悟りを推し量るために、弟子に問をする。

弟子は自分の悟りを示すために一所懸命答えを考えだす。

禅問答といわれているこれこそが、挨拶ということになります。

「問う。本堂の掃除はきれいにできたのか。」

と師から問われたら

その質問の本意はどこにあるのかを考え、弟子が「答う。」とその問いに答えるわけです。

その言葉のまま、本堂の掃除をことを聞かれたのか、自分の心は洗われたのかきかれているのか、修行は進んでいるかと聞かれているのか。

そのことから、挨拶とはただの呼びかけではなく、相手のことを推し量る。

言葉の意味を推し量ることが大事なのかもしれませんね

今日は「挨拶」についてお話させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました