「行儀」〜仏教からきた言葉〜

仏教からきた言葉

葬儀司会21年 葬祭ディレクター1級 つたえびと みっこです。

現在、使われている言葉の中には、仏教からきた言葉があります。

今日は、「行儀」について書いていきましょう。

「行儀」

よく「お行儀がわるいからやめなさい」とか「とてもお行儀がいい子だね」

と言う言葉を聞きますね。

行儀とは・・・礼儀の面からみた立ち居振る舞い。また、その作法・規則。

という意味がありますが、この言葉も仏教からきた言葉です。

行儀の「行」の字は”行住坐臥(ぎょうじゅうざが)”の頭の字。

行儀の「儀」の字は、法則・決まりのことをさします。

行住坐臥(ぎょうじゅうざが)とは、出家修行者が行う行為の日常の原則。

行・・・行くこと

住・・・とどまること

坐・・・坐ること

臥・・・寝ること

のこと。

これって、出家修行者だけでなく、日常において当たり前のことだと思いませんか?

仏の道をいうのは、なにげない動作さえも、修行であるととかれていて、そこに仏の道があるとされています。

なにげない、日常の仕草を整えることこそが、行儀がよいとされます。

そして、それは周りの人を嫌な気持ちにさせないことがとても大事です。

一般的なマナーにもあてはまることですね。

とりたてて、大きなことではなく、なにげない日常のことから整えていきましょう。

今日は「行儀」についてお話しをさせていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました