「安心」〜仏教からきた言葉〜

仏教からきた言葉

葬儀司会21年 葬祭ディレクター1級 つたえびと みっこです。

現在、使われている言葉の中には、仏教からきた言葉があります。

今日は、「安心」について書いていきましょう。

【安心】

心配がなくて、心がほっとしている、心が落ち着き心配のないことをさしますが

これも仏教の言葉でした。

「安心(あんじん)」と読み、仏さまの教えを信じて心が穏やかに安らいでいること

何事にも動じない境地に至ることの意味がありました。

昔は、阿弥陀仏いう仏さまのすくいを信じて、心が穏やかに治っているさまをさしていました。

日常に、仏さまがそばにいていれる、そのことが安心させてくれたのでしょうね。

「手を合わせる」ということをしますよね。

たくさん意味はありますが、

右手が、神様、仏様 左手が自分だと言われています。

仏さまと自分を重ね合わせることで、安心していきることができる。

仏さまがいることを感謝するなどの想いを込めて手を合わせます。

心が落ち着かない時は、手をあわせてみると心が落ち着きますよ。

今日は「安心」についてお話しさせていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました