「有り難い」〜仏教から来た言葉〜

仏教からきた言葉

葬儀司会21年 葬祭ディレクター1級 つたえびと みっこです。

現在、使われている言葉の中には、仏教からきた言葉があります。

今日は、「有り難い」について書いていきましょう。

【有り難い】

ありがたいという言葉は、漢字のごとく有ることが難しいという言葉。

めったにないこと、だからこそ感謝します。

人に生まるるは難く

いま生命あるはありがたし

世にほとけあるは難く

ほとけの法を聞くはありがたし

法句経182番目より

法経句の182にこのような句があります。

人に生まれてくるということは、難しいいうこと

いま命があって生きているということは、ありがたいということ

世の中に仏さまがいてくれることは難しいということ

その教えをきくことは、ありがたいということ

どれも当たり前でないこと、有ることが難しいこと。

めったにないことなので、その気持ちを表すのが「ありがたい」といい

相手に感謝をつたえる言葉が「ありがとう」なのです。

産まれてくること、ご飯をたべたり、笑ったり、生きていることは

有り難いことで感謝することなんですね。

ちなみに、「ありがとう」の反対の言葉はなにかわかりますか?

有ることが難しいの反対なので「当たり前」となることです。

日常に起こっていることは、“当たり前”ではなく“ありがとう”と伝えていきたいですね。

今日は「有り難い」についてお話ししました

コメント

タイトルとURLをコピーしました